AGAのはげ・薄毛!クリニックで治療する時代|料金や副作用が気になる

MENU

AGAのはげ・薄毛!クリニックで治療する時代|料金や副作用が気になる

AGAの治療の料金は少し高めです

近年、AGAは病院で治療するものになってきました。これは、プロペシアという薬が日本でも使用できるようになったからです。プロペシアは経口薬で、男性の薄毛治療に効果を発揮します。しかし、料金は若干高めで、一か月7500円ほどします。なぜこのように高いのかというと、プロペシアは美容関係の薬のため、保険が効かないのです。一年間飲み続ければ10万円ほどかかってしまいます。

 

しかし、プロペシアは非常に効果の高い薬です。一か月飲み続ければ、額の髪の毛のなかった箇所から、産毛が生えてきます。また3か月飲み続ければ、額から、黒くて太い髪の毛が生えてきます。そして、一年間服用を続ければ、額の生え際もかなり前進してきます。ですので、現在の日本の薄毛治療では、このプロペシアの服用がスタンダードになっていると言って良いのです。

 

プロペシアの服用と並行して行うと良いことがあります。それは、ミノキシジルを頭皮に塗布することです。ミノキシジルは日本で唯一の発毛効果の認められた医薬品です。現在ではリアップという商品の中にだけ、成分として配合されています。このリアップとプロペシアのダブルでの使用で、髪の毛は必ず生えてきます。現在の育毛事情のなかでは、これが最強の発毛効果があるとされています。

AGA治療で注意すべき副作用について

AGA治療は男性型脱毛症に悩む男性にとって画期的な治療法として注目を集めています。しかしながらこの治療による効果ばかりに目が行き、デメリットについて目がいかないということは必ずしも良いことではありません。そのため副作用をはじめとするAGA治療のデメリットについてもしっかりと知識を得ておく必要があるのです。
例えばAGA治療で使用するプロペシアには前立腺への影響があることが知られています。性機能が減退する場合があることが知られている他、前立腺がんの発見のために役立つPSA呼ばれる検査結果が正しく測定されないというデメリットがあるのです。前者はパートナーとの性生活に影響が出る場合がありますし、後者に関しては病気の早期発見を遅らせてしまう可能性があります。このことは知識として知っておくべきです。
またAGA治療で使用する薬は抜け毛を促進する男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果があるのですが、非常に強力に作用するため女性には使えないほどの強い効果があります。そのため医師の診察を受けながら経過観察を行う必要がある薬に指定されているのです。強い効果が期待される薬には同様の副作用があると考えておく必要があるのです。